本部|長崎市諏訪町6-7 TEL:095-823-3230

平成28年年3月 いつもと違ったランチタイム。

WRITER
 

スポンサードリンク




スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
企画広報を中心に、当社メディアサイトの運営やデザイン、記事の担当をしています。ロスジェネ世代の1981年生まれ。バイタル勤続15年目(2019年現在)を迎えています。自社の様々な活動や介護福祉のより良い情報を発信するために、日々奮闘中。僭越な文章ではありますが、暖かい心でお読み下さい。

平成28年3月中、エフステージ道ノ尾では、いつもの昼食(ブルーインの森内レストラン)ではなく、いつも違った昼食を提供させて頂きました。

いつもの昼食には予定があり、毎回同じメニューではないけれど、みんな同じメニューです。しかし、今回の企画は「出前」。なので、注文するお店は同じですが、自分が食べたいもの注文できます。注文するにあたって、自分が食べたいものを選んでいたにも関わらず、他の人が注文しているメニューが美味しそうに見えたり、和食か洋食かのところで悩んだり、それぞれのお店のメニュー表をじっくり見ながら、利用者様同士で盛り上がっていました。

そして、3月中に計6回の出前企画を行いました。お店については、長崎のお弁当のウィズン(We’SN)3月11日|22日|、西彼杵郡長与町高田郷にあるよかろうという定食屋|3月12日|、そして千成というお弁当や寿司などの宅配|3月16日|、エフステージ道ノ尾にある近くにある回転寿司のスシロー|3月17日|21日|。その4カ所のお店を利用させて頂きました。

平成28年3月 道の尾 出前企画1

出前企画の開催当日は、皆様本当に美味しく食べておられました。また、いつも以上に会話も弾み、こっちのお弁当はこんな味だった、あっちのお弁当はこんな味だったなどなど、それぞれで食事のレビューを話されていました。その中でも、千成さんの幕の内弁当が一番人気があったようです。

平成28年3月 道の尾 出前企画2

エフステージ道ノ尾では、初企画となった「出前」。職員もそれなりに準備や対応などで大変だったようですが、利用者様にとっては、本当に素晴らしいサービスとなったようです。

企画広報室;石原

この記事を書いている人 - WRITER -
企画広報を中心に、当社メディアサイトの運営やデザイン、記事の担当をしています。ロスジェネ世代の1981年生まれ。バイタル勤続15年目(2019年現在)を迎えています。自社の様々な活動や介護福祉のより良い情報を発信するために、日々奮闘中。僭越な文章ではありますが、暖かい心でお読み下さい。
■次は、介護やレク、リハビリを学ぼう!

介護予防 バナー
介護 レク バナー

Copyright© 介護福祉とリハビリのことなら「バイタル」 , 2016 All Rights Reserved.