本部|長崎市諏訪町6-7 TEL:095-823-3230

デンマークの社会福祉から学ぶ「幸せ」や「税金(消費税)」とは何か?

WRITER
 
Danish-social-welfare

スポンサードリンク




スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
企画広報を中心に、当社メディアサイトの運営やデザイン、記事の担当をしています。ロスジェネ世代の1981年生まれ。バイタル勤続15年目(2019年現在)を迎えています。自社の様々な活動や介護福祉のより良い情報を発信するために、日々奮闘中。僭越な文章ではありますが、暖かい心でお読み下さい。

「日本を幸せにするために」

そのために、私たちは何をするべきなのか。

その答えとして、こちらの記事にも書いていますが、デンマークの社会福祉国家としてのあり方が、よりよい未来、より良い人生、そしてより良い福祉につながる方向性として、当社では位置づけています。

そして、その答えを実現するべく、日本にはNPO法人 デンマーク生活研究所という団体が、日本全国で意識改革しようと活動を続けています。

そこでこの記事では、「日本を幸せにするために」というテーマで活動を続けているNPO法人 デンマーク生活研究所についてと、実際にその活動に参加したレポートをお届けします。

「日本を幸せにするために私たちできることはなにか?」ということと、社会福祉国家 デンマークについての情報収集や、デンマークの社会福祉に興味がある方の参考になります。

ではまず、デンマークの社会福祉をさらに具体的に解説しておきます。

社会福祉国家デンマークが”福祉国家”であり「世界一幸福な国」と言われる理由とは?

デンマーク ノーマライゼーション

デンマークが幸せな国であり続けられる3つこと

  1. 安心して老いられる老後「社会福祉国家と介護保険制度国家の課題」
  2. 障がい者施設勤務者として生活指導教諭資格の必要性
  3. 社会福祉国家への道「幸せな国づくりの方程式」

大きな枠で考えた場合、上記の3つのことが、デンマークが社会福祉国家と言われ、幸せな国だと世界から認められる理由の初歩的なことになります。

安心して老いられる老後「社会福祉国家と介護保険制度国家の課題」

  • 社会福祉国家デンマークでは、例えば以下のような幅広いサービスを国民が受ける権利(可能性)があることが特徴です。
  • 個々のニーズを確実に満たすために必要な福祉医療支援(例えば、家庭医制度、ケースワーカー制度、補助器具の無料貸与)
  • 保育ママ、保育園、幼稚園等待機児童0.必要に応じ障がい者等に対する24時間対応型の入居施設。
  • 65歳以上の者全員に支給される国民年金。今後は受給年齢が上げられる。
  • 障がい者に対する早期年金受給の吟味(国民年金受給以前、18歳以上の心身障がい者に支給される)。
  • 病休手当、休業手当、失業保険給付。
  • 生活保護費(現金支給)扶助。
  • 住宅援助金(特に低所得者や障がい者、高齢者センターに居住する高齢者に支給)
  • 教育を受ける権利、学校教育費無料、SU国が保証する育英資金制度。
  • 医療保健治療費無料

サクッとこれらを確認するだけでも、「暮らしやすさ」という印象を受けるはずです。

では、デンマークの歴史、そして詳しい社会保障について以下の記事にさらに詳しく書いていますので、合わせてチェックして下さい。

デンマークが幸せな国と言わる理由 社会保障やノーマライゼーションの考え方の背景と課題。

障がい者施設勤務者として生活指導教諭資格の必要性

デンマークに特徴的な余暇活動は、神学者・歴史家のグルントヴィに率いられた19世紀の民衆運動と農民教育を源流とし、現在は、立ち止まりや学び直しの機会を提供すると同時に、個々人を地域に結びつけ市民として生かす戦略の役割を果たしています。

その余暇活動の実践に必要な「人生の学校」とも呼ばれるフォルケホイスコーレ、コーディネーターであるペダゴウを養成する生活指導教員養成の需要と何故専門教育が必要なのか??

主な特徴としては、生活指導教諭養成教育ではペダゴウが仕事を通して児童青少年の身体的、社会的、そして人間的成長の支援が出来得る様になることに重点をおいていることです。

では、デンマークの保育や子どもたちの教育について以下の記事にさらに詳しく書いていますので、合わせてチェックして下さい。

デンマークが幸せな国と言わる理由 障がい者施設勤務者として生活指導教諭資格の必要性。

社会福祉国家への道:「幸せな国づくりの方程式」

デンマークの国民は80%以上が自分たちの国は幸せだと思っています。しかしもちろんそうではないと考えている人もいます。

アメリカやイギリスなどの大学の先生が国民調査した結果、デンマークは2018年時点で3位となっており、幸せな国と言われています。(ROCKET NEWSより)日本は2018年時点で54位(HUFFPOSTより)。

では、デンマークがどのようにして社会福祉国家になったのか?

デンマークという国を紐解きながら以下に詳しく解説していますので、チェックしておきましょう。

デンマークが幸せな国と言われる理由|国民の幸福度は社会福祉の充実にある。

では次に、実際にそのデンマークの社会福祉を日本に広めるために活動しているでは次に、そのデンマークの社会福祉を日本に広めるために活動しているNPO法人 デンマーク生活研究所についてご紹介します。

以下、参照元:NPO法人 デンマーク生活研究所

デンマークの社会福祉を広める団体「NPO法人 デンマーク生活研究所」とは?

運営方針

  • 「真の民主主義」の実現にむけて「真の民主主義」的な運営を行う
  • 「自由・平等・連帯・共生」の心が根ざした自主性と協調性のある運営を行う
  • 地域の独自性を活かし地域組織の自立と参加を支援する
  • 研修塾ならびにセミナー・勉強会などを通じ、人材を育て活動基盤を確立する

おもな活動内容

  • 講演会などの開催
  • セミナー(研究集会)の開催
  • 研修塾(社会福祉・教育を中心とした日本改革講座)の開催
  • デンマーク関連先(日欧文化交流学院)への研修生派遣
  • 他団体との連携
  • その他

NPO法人設立の趣旨と目的

  • 日本に在住する者および日本国外に在住し、この法人の設立趣旨に賛同
  • する者に対して、デンマークの福祉、教育、環境、社会制度などの研究及び

日本国内への啓発普及に関する事業を行い、日本国内における豊かで価値ある生活の向上に寄与することを目的とする。

NPO法人 デンマーク生活研究所は、このような活動を定期的に行っています。では、その活動に実際に当社の社長(副島 孝嗣)、そして僕(石原一平)で参加してきましたので、その活動のレポートをサクッと最後にご紹介させて頂きます。

デンマークの社会福祉のあり方を日本に広めるために

aAIZUWAKAMATU

2019年11月8日〜10日にかけて、NPO法人 デンマーク生活研究所主催の「日本を幸せにするために」というテーマで、シンポジウムやプロジェクト会議が開催されました。それに、当社の社長(副島 孝嗣)と私(石原 一平)の二人で参加してきました。

場所は、福島県会津若松市。長崎から飛行機、新幹線、電車を乗り継ぎ、約7時間の長旅となりました。私としてはシンポジウムに対してのドキドキと、初めて行く土地へのワクワクも相まって、道中は意外と楽しめました。

福島県会津若松市については、以下の公式のホームページよりチェックして下さい。

福島県会津若松市

【1日目】顔合わせてと他己紹介と懇親会

takosyoukai

1日目は移動も含めてだったのでさすがに移動後は疲れていましたが、共通のテーマで集まった方々ですので実際に話し出せば話はつきませんでした。

他己紹介とは?

2人1組となり、お互いのことについてディスカッションします。そして、相手のことを知った後、自分のことではなく、相手のことを皆に紹介するというものでした。

初めて、人のことを聞いて、その人のことを人に話すということをしましたが、初めてごとでもあり、大変楽しく参加することができました。

会津若松の地元方や研究所のスタッフ方々と懇親会

sinnbokukai

僕は2016年にデンマークの社会福祉を学びに、実際に現地に研修に行かせて頂きました。

参加されていた方々も同じく、デンマークへ社会福祉を学びに行かれていたので、現地でのことで色々と話すことができて楽しい時間となりました。デンマークの社会福祉についてはとても共感することができましたが、デンマークの食事についてはあまり共感することできませんでした。以下の動画でも実際にデンマークに行った時に食事を食べるシーンを記録していますが、ノーコメントを貫いています。

デンマークの社会福祉は素晴らしかったですが、やはり僕は日本食が合っているようです。

【2日目】デンマーク最新情報とシンポジウム

デンマークの最新情報を共有

Denmark-info

2日目は、午前中からデンマークの現在(2019年)を、NPO法人 デンマーク生活研究所の理事長である千葉さん、そして日本にあるデンマーク大使館に務めておられる上席政治経済担当官の方から聞くことができました。

おおよその内容はこちらの記事で確認ください。

「日本を幸せにするために」シンポジウム

symposium-pic

まず、NPO法人 デンマーク生活研究所の理事長である千葉さんより、改めて「日本を幸せにするための方程式」についての講義があり、そして茂原市の市議会の副議長、デンマーク大使館 上席政治経済担当官、会津若松市の高齢福祉課 課長、会津若松短期大学の副教授の方々はそれぞれ「日本が幸せになるために」というテーマでのシンポジウムが行われました。

色々とデンマークの良さを日本に落とし込むためにはどうすればいいのか?という視点で討論が行われていたので、その討論を聞きながら自分なりに、「日本に住んでいる僕たちは、幸せじゃないのか?」など、多くの疑問、愚問、そして期待と希望を抱かせてくれました。

【3日目】日本とデンマークの社会を通じてのグループワーク

Group-Work

シンポジウムを終え、夕食後、すぐにグループワークが始まりました。各グループに分け、21:00までの約2時間、それぞれで「どうすれば日本を安心した暮らしのできる国にできるのか」について、議論しました。そして3日目にグループワークの発表が行われました。

日本には「日本で生活するための教育」がない

特に議題の中心にあったのが「教育」。日本の教育の中で、学歴を重んじた教育はあれど、「日本で生活するための教育」がないということです。それはつまり、「税」に関するものであったり。

僕たちは日本で生活しながら、日本の「税」があるからこそ、日本国民の生活が保たれていることの本当の意味と理解を知りません。つまりそれが、共有する社会的な「連帯」が欠けているということにつながっているわけです。日本国民が「税金」を支払うことで、国民ひとりひとりの様々な生活が保障されている一方で、増税であったり、所得税であったり、税金を収めることに対して、日本人はどうしてもネガティブになってしまう傾向にあります。

それは、僕たちが「税金」のことについて知らない、無知であるからに他ならないのかもしれません。

「税金」のことはわからないけれど、その「税金」の使われ方に対しての日本への不信感だけを先行させて、実際に「税金」がどうのように使われ、どんなことに役立ち、どのようなことを改善し解決しているのか?というところを、日本人ひとりひとりが「知らない」ことに問題があるようにも思えました。

それはデンマークでいうところの「連帯」があるからこその「自己責任」というものではなく、日本人が「他人任せ」であることが本質にあるのではないかとも感じました。

「税金」の使われ方を僕たちが知らないだけで、実際に各地域の行政のホームページなどには税金の使われた報告やお知らせが掲示してあるはずです。しかし、僕たちは、「他人任せ」なので、それさえも「受け身」であり、自分たちから「日本の税金の使われ方」についての情報を収集しようとはしません。あくまでも、「国が教えてくれない」というスタンスであると感じます。

「国が教えてくれない」=「税金が何に使われているか知らない」

だから「税金を払うことにネガティブになる」という意識が植え付けられているのかもしれません。

でも、学校教育の時点で、もっと「日本で生活するための教育」、つまり「税金」に関する色々なことを学んでいれば、「税金」が何に使われ、どんなことに役立ち、どのようなことを改善し解決しているのか?ということを理解することができるので、「税金を支払えば、こんなに自分たちの生活が豊かになるんだ!」とポジティブな意識が芽生えれば、実際に「税金」を支払うことに対して、期待感さえ持つことができるのかもしれません。

そうなれば、選挙の投票率だって上がるのかもしれません。

「税金」をどのように使うのか?というところを理解しておけば、その「税金の使い方」を任せる重要な人を選定する投票になるわけですから、自ずと投票する意識も高まり、逆に「投票」することに対して、自分の未来への期待感も感じることができるかもしれません。

日本は消費税10%|デンマークの消費税(税金)は25%

2019年10月、日本は消費税を10%まで引き上げました。もちろんこれに反対する声は多くあり、僕も含めてネガティブな気持ちになる国民は多かったと思います。

しかも「政治家が勝手に消費税の増税を決めている」という意識を少なからず持っているのではないでしょうか。いや、ほとんどの国民はこのように思わているのではないでしょうか。そしてそれが「民主主義ではない」と思っている理由のひとつなのかもしれません。

でも、よく考えてほしい。本当によく考えてほしい。

その消費税の増税を決めたのは「日本国民」なんです。

簡単に言うと、「政治家」は、日本国民の代表なだけであり、日本国民の平等な投票選挙により選出された日本国民の代表者なのです。つまり、国民の声を、国会で議論する、討論する、決定することを、国民から選ばれ、代弁して行っているわけです。

つまり、「選挙」で選んだ以上、その政治家の声は、「あなたの声」であるわけです。

デンマークでは一院制をしいていますが、日本では衆議院、そして参議院の二院制です。

  1. 国民の様々な意見をできるだけ広く反映させることができる
  2. 一つの議院の決めたことを他の議院がさらに検討することによって審議を慎重に行える
  3. 一つの議院の行き過ぎを抑えたり(抑制)、足りないところを補ったり(補完)できることなどがあります。

引用元:https://www.sangiin.go.jp/japanese/goiken_gositumon/faq/a01.html

つまるところ、これは国民すべての声を平等に収集しようとしているからこそです。デンマークでは、一院制で統一されている政界であっても、デンマークと日本では、人口の規模が驚くほど違います。

デンマークは600万人弱、日本は1億3000万人弱。

つまり、デンマークよりも日本は、一個人の意見や声、そして生活を保障するために、あらゆる手段や思想、そして状況を考えなければならない国なのだと言えます

実際に僕は、政治については中学生レベルにも満たないくらいの知識しかありませんし、税金がどのように使われているかなど、全く興味もなかったし、ただ「国は国民からお金を巻き上げている」くらいにしか思っていませんでした。

でも、それは違いました。国に対してのネガティブな意識は、自分が「受け身」であったがための勝手な思い込みであったのだと気づきました。

つまり、世界一幸せな国と言われている社会福祉国家デンマークについて学んだことで、実際に自分が住んでいる日本の社会保障や生活、そして「税」のことについて、「何も知らないのに、日本という国をシラけた目で見すぎていた」と感じました。

要は、僕らの生活をできるだけ安心したものへと変えていこうとしている日本という国を信じていませんでした。だからこれを機に、日本を幸せな国するために、自分たちの子どもが幸せな国で未来永劫暮らせるように、もっともっと日本全体の動きを、「受け身」ではなく、「能動的に」や「積極的に」なる必要があると思いました。

知ろうとしない意識が根底にあり、それを「知りたい」という意識にシフトしなければ、本当の意味での民主主義は果たせないのかもしれません。

このような研修に参加し、実際に日本の社会保障制度についての無知な自分を改めて認識できました。

まとめ

ということでこの記事では、「日本を幸せにするために」というテーマで活動を続けているNPO法人 デンマーク生活研究所についてと、実際にその活動に参加したレポートをお届けしました。

デンマークへの留学に関して

Study-abroad-in-Denmark

デンマークの社会福祉に興味がある、またデンマークの社会福祉を広めるために何か自分にできることを探している方は、

NPO法人 デンマーク生活研究所にお問い合わせ下さい。

または実際に現地(デンマーク)へ留学したい方などについては、以下まで。

ノーフェンス・ホイスコーレ(旧日欧文化交流学院)まで。

この記事を書いている人 - WRITER -
企画広報を中心に、当社メディアサイトの運営やデザイン、記事の担当をしています。ロスジェネ世代の1981年生まれ。バイタル勤続15年目(2019年現在)を迎えています。自社の様々な活動や介護福祉のより良い情報を発信するために、日々奮闘中。僭越な文章ではありますが、暖かい心でお読み下さい。
■次は、介護やレク、リハビリを学ぼう!

介護予防 バナー
介護 レク バナー

Copyright© 介護福祉とリハビリのことなら「バイタル」 , 2019 All Rights Reserved.