株式会社バイタル|本部 〒850−0873 長崎市諏訪町6-7 TEL:095-823-3230(代)

平成26年度 エフステージ道の尾 高田小学校との交流

WRITER
 

スポンサードリンク




スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
企画広報を中心に、当社メディアサイトの運営やデザイン、記事の担当をしています。ロスジェネ世代の1981年生まれ。バイタル勤続15年目(2019年現在)を迎えています。自社の様々な活動や介護福祉のより良い情報を発信するために、日々奮闘中。僭越な文章ではありますが、暖かい心でお読み下さい。

エフステージ道の尾に、11月25日(火)及び12月5日(金)午前中に、高田小学校の6年生の生徒さん37名が交流にやってきました。

目的としては、様々な立場の方と交流することを通じて、相手の立場に立って物を考えたり思いやりの心をもって人と接したりすることができるようにするためということです。

DSCF7350

子供たちが「ここに来て、何をするんですか?」など、興味のあるさまざまな事を利用者様に聞いて回ったり、世間話をしたりして、交流を深めて頂きました。

DSCF7343

交流で得た情報を元に、自分達で考えたプログラムを利用者様と一緒に実施。「折り紙」をするグループがあるかと思えば、別のグループは「トントン相撲」をしているところもあり、シンプルだけど利用者様と一緒に楽しめるものを選んで取り組んでくれていました。

DSCF7363

利用者様も子供達の訪問を大変喜ばれ、色んな場面で笑顔の花と笑い声が聞こえていました。

DSCF7366

最後は子供達が「ともだちに なるために」という歌を歌い交流は終わりました。

世代を超えた繋がり。カテゴリー単独世帯が多くなった今の世の中ですが、人はいつでも繋がることができることを感じた暖かい時間になりました。またのご来所を心よりお待ちしております。

この記事を書いている人 - WRITER -
企画広報を中心に、当社メディアサイトの運営やデザイン、記事の担当をしています。ロスジェネ世代の1981年生まれ。バイタル勤続15年目(2019年現在)を迎えています。自社の様々な活動や介護福祉のより良い情報を発信するために、日々奮闘中。僭越な文章ではありますが、暖かい心でお読み下さい。

Copyright© 介護福祉とリハビリのことなら「バイタル」 , 2014 All Rights Reserved.